「熱中症になった」を英語で言うと?

お役立ち英語表現

こんにちは!近年、日本の夏は異常に暑いですね。そこで今回は「熱中症になった」を英語で言うと?です。加えて熱中症に関係する表現も見ていきましょう。

「熱中症」は名詞で heat stroke です。heat は「熱」stroke は「(脳卒中)などの発作」のことです。心臓の「鼓動」「脈拍」の意味もあります。

その他 stroke はテニスやゴルフをしている方ならカタカナで’ストローク’ってよく使っていると思います。「打つこと・打撃」ですね。

また、水泳では「ひとかき、泳法」のことを言います。 breaststroke は平泳ぎのことで、backstroke は背泳ぎのことです。

話を熱中症に戻します。「彼女は熱中症になった」と言うには、動詞 get を使います。

She got heat stroke.

≪熱中症に関連する表現≫

「熱中症にならないように水分をたくさん取って」

Drink a lot of water not to get heat stroke.

Stay hydrated to prevent heat stroke.

※hydrated[haɪˈdreɪ.t̬ɪd] (ハイドレィティッド)は「十分な水分を含んでいる」という状態を表します。stay hydrated で「水分を取っている状態を保つ」ということです。prevent は「避ける」です。

ところで、皆さんは直射日光を避けるために何を使っていますか?帽子?最近では紫外線をほぼ100%避けてくれる日傘が人気のようですね!日本語では「日傘をさす」といいますが、英語では「日傘を使う」と考えて I use a parasol to prevent direct sunlight. 「直射日光を避けるために日傘を使う」と言えます。

まだまだ暑い日が続きますが、

Please stay hydrated and cool.




タイトルとURLをコピーしました